サーミスタについて

サーミスタ(thermistor)とは、温度変化に対して電気抵抗が変化する抵抗体の性質を利用して温度変化を読み取るセンサの役割を持たせた半導体製品です。

サーミスタの主な用途として、各種電子製品の測定を行いたいエリア(外気や製品内部、製品特定部位)等に組み込まれます。測定エリアの温度変化を素子の電気抵抗の変化から読み取り電気的に温度測定を行う事で、電子製品での正常、異常状態の検知制御に関する基礎パーツとなっています。

昨今、基本として測定が必要だった空調機器等の製品に加えて、自動車や家電、スマートフォンを筆頭に、あらゆる分野で電子制御を行う製品が増加しており、年々サーミスタの需要が増えています。

そのため用途も多岐に増えており、温度センサとして温度測定、温度制御、温度補償といったものに用いられるほか、その他、湿度センサ、風速センサ、液位センサ、ガスセンサ、赤外線センサ、流量センサ等にも用いられるようになっています。